1
2
3
5
6
7
8
9
11
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
27
28
29
30
  09 ,2006

March 2013: やっとアメリカ生活第一歩を踏み出した! <<< April 2011: 9年の東京生活に別れを告げナゴヤに一時撤収


About me

e6102032

Author:e6102032
1983年生まれ かに座 B型

現在地:Los Angeles, California (since March 2013)

経歴:金融・技術翻訳者ときどきDTPオペレーター、誤字ハンター、嫌々役員アシスタント etc...
 
特徴:自他ともに認める器用貧乏、浪費家エセレブ、世に言う肉食女子、左脳インプット右脳アウトプットですがなにか?

+++++++++++++

名古屋の私立中高一貫女子校から東京の国立大に進み英語を専攻。ってとこまでは良かったけど、その後自分の進路はさっぱり見つからず、降って来るのは、リーマンショックやら震災やら、そんなんばっか。金融機関勤務満5年を目前に控えた2011年3月に2社目をimpulsive退職。

USCPA、海外大学院留学、ワーホリ/Jビザ就職、等々・・・ なんだか進むべき道はある様でない様で・・・ 
愛知県A郡の実家を起点に、転落人生を救う、迷走の軌跡。的な?

+++++++++++++

更新:

2013年4月〜
UCLA Extensionにフルタイム留学。(General Business Studies Certificate with Accounting Concentrationプログラム)

2014年7月〜
UCLA Extensionを修了したことで得たOPTにて、会計監査事務所で就業開始。Extensionで授業も取りつつ二足の草鞋。
大学院は未だ学費工面の目処立たず先送り中。
 
+++++++++++++

Archives
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
Twitter
QR code
QR
Time is money!!
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

やだ
やっぱりやっぱりやっぱりやっぱりやっぱり



やだ



cuz U R 2 good



間抜けな伊達眼鏡が愛らしくてこぼれそうな涙を笑ってごまかした



でも、いつまでそうすれば?



全然全然ほんとに全然私の好みじゃないけど、



no one else could make me smile more



now i've lost how to make myself smile again



先輩と部長に迷惑掛けても、もう、会社辞めるしかないかー

スポンサーサイト

10

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

oops
now i can hardly blame him on the cruel treatment.



damn it, i did it again.



i did almost the same thing i was done by him



except for my being honest, i.e. not pretending to love him.



i felt certain kind of consolation,



but nothing more than that, and neither did he



とは言え、悪い人じゃないし、背も高くて小顔だし、

結論を急がず、時間掛けてみても良い気もするんだけど。

反面、やっぱり結婚とかその先を思い描ける人じゃなきゃ、とも思う。

今まで好きになった人は皆そうだった訳だし。

彼らより好きでないなら、面倒なことにしないほうが賢明?

12

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

追いかけて追いかけては結局報われない恋に疲れ果てたんだから、

少しは学習して、地に足着けて、関係を育てることを覚えるべきなんだと思う。

大きい胸や背中や逞しい腕に包まれる温もりは、

至高でないからといって、無価値なものではない。

持てる者たる“理想の人”から与えられることばっかりを求めてちゃいけない。



・・・全ては、もし仮に彼が私を想ってくれてれば、の話でしかないけど。



次会うとき、手遅れになってはいないのかな・・・

16

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

the second night (, and day...)
やっぱり。私が求める「強さ」の対極にいる、のかも・・・。優しいんだけど・・・。



でも。



     ◆-----------------◇◆-----------------◇◆-----------------◇2回目に会ったのは、結局もとの約束より1週間早まって。

スーツ姿だと妙にキリっと見違えたりするかと、afterworkの約束に期待してたけどー、・・・。
その上、2回目に見た私服は、前のに増して学生風味満々・・・。
4万のサングラスをすると、急にオサレモードになったのに、「やっぱやーめた」とか言って外しちゃうし。
“お気に入り”の花柄のバッグ「可愛いのに」周りから不評なんだけどー、とか言うし。
相変わらず姿勢は悪いし、
口調・仕草もたまにtoo feminineだし、
背は高いのにマッチョとは言えないし、(華奢ではないからいいんだけど)
だって運動嫌いみたいだし、
それ以外もマンガ好き過ぎて私と趣味合わないし、
喫煙者だし、
AB型という謎の生き物だし、
残業しまくってるけど高給取りになりそうかというと「・・・」、
なし崩しにやらなきゃいけないこと先延ばしにしちゃうし(私と一緒w)、
2つ年上のくせに「舞子を年下と思えない」(同感w)と言って憚らないし・・・。

言いたい放題で申し訳ないけど。

でもね。
でも、嫌いじゃないの。

上記の要件を満たした人が現れれば、気持ちは移っちゃうかもしれないけど、
現状、他に誰もいないだけかもしれないけど、
でも、なんとなく今は一緒にいたい、かもしれない。

肌を重ねているととても離れ難い感じがあって、それが双方向なのが分かるから安らぐ。
私を軽々持ち上げて、ぎゅうっと抱きしめてくれる腕は、予想外に力強い。
余りにカッコつけない姿に、私も隠し事をする必要を感じない。飾らなくても大丈夫な気がする。
スローに休日を一緒に過ごして、カップルごっこしてるうちに、そのうちすごく大切な人になりそうな気もしないわけじゃない。
空港まで結局くっついてDeparture Gateでお見送り、なんてカップルぶったことをしたくなったのは、彼女として想われたい気持ちの表れ、かも。

夢現のうちに「忘れないでね…」って言われた。
寝言なのかと思って返事もしなかったけど、「そうじゃない」って。
多少は、私のことを好きでいてくれるってこと、なの、か…?

とりあえず、先週は彼が時計を置き忘れたのに続いて(?)、
今度は私がカーデ忘れてきちゃった(あぁ似た者同士w)から、
次に会う口実は、ある、ということに、心の小さくない部分が頼ってる。
でも、しばらくは、男子寮で会うのは勘弁w

24

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

no more belongings to return
で、先週忘れたカーデを返してもらう約束をしていた土曜日。



大学の友達で集まって呑むから、その前に渡しにいく、とのこと。

先週は、なんだかんだで電話でも結構話したし、雰囲気は良いままだし、と思って、

なんとなく自然に「早く来れたらお茶しよ」って誘ってあったのよね。

で、昼過ぎに先に新宿行って待ってようと思ってたのに、
待てども待てども、「近付いたらする」と言ってたはずの連絡が来ず。
テスト勉強してないのに、なか落ち着かなくなって、新宿を徘徊することに。
でも来ない。
別に、“カーデを返してもらう”約束はしたけど、“お茶をする”約束は確かにしてない。
だから、乗り気じゃないなら、仕方ない。
しかし、その肩透かしは、傷つく。

運悪く、昼間からも寒かったのに時間を追うごとに更に気温は下がって、日も沈んじゃったし、
そもそも呑み会自体の開始時間と聞いていた時間に既になってて、もう来る気無いわな、と諦めて、
怒り心頭で家路につこうとした正にその時、電話が。
なんと、言い訳は「二度寝しちゃって今起きた~怒った?」「呑み会の後に渡しに行くから」とのこと。
そりゃ家で待たずに、早まって勝手に新宿で待ち構えてたのも、
試験勉強しなきゃいけないのに、手につかなくて時間を犠牲にしたのも、
食べたいケーキを一緒に食べようと目論んで我慢してたのも、
私の都合であって、約束したことじゃないから、それに応える義務もないけど、
すごく裏切られた感が残った。

同時に、呑み会の前にお茶をする代わりに、後にウチの近くまで来るということになれば、
当然泊まることになる。
漫喫で『アメリ』を見たのと、空港で昼だか夜だかわからないご飯を食べたの以外は、
“そういうこと”しか実質していない、この関係がそのまま続くことを恐れてる私には、
更に疑念が深める行動。
寝過ごした、っていう“言い訳”は、すごく罪が無く聞こえる言い訳。
でも、ほんとは、寝てたなんてウソじゃないの?
お茶なんかしたくなくて、ヤリたいだけ?結局またそういうこと?

夜改めて呼び出されて、案の定「終電無くなったから泊めて」と。ほら、やっぱり・・・。

お昼までだらだらして、昼過ぎに御苑のLA BOHEMEでランチ。
御苑沿いのいつもの道を、ふたりでお散歩したのは、今までで一番デートらしい事してる気がした。
デートらしい事をしたがってる私の気持ちを汲んでくれてるのかも、とも思った。
お天気が良くて、空の青も樹の緑もきらきらしてて、お互いの気持ちがどうあれ、気分は良かった。

あ、あと、夜中のテレビの星占いで「蟹座:恋人と将来の話をすると吉◎」ってあって(ふたりとも蟹座)
朝方になってから、「夢は?」って聞かれたのは、恋人、なの、か…?と思わせぶりで、
少しうれしかった。

面と向かってても、電話で話してるときも、
別に優しくない訳でも、気遣いが無い訳でも、自己中心的な訳でもなくて、
(っていうか、優しいし気も遣ってくれてると思うし)
あったかく感じる、気がするけど・・・。

誘導尋問の答えとしては「すきだよ」とも「かわいい」とも「きれい」とも言ってくれたけど、
優しい(フリの)人ほど、誘導尋問にはこちらの期待通りの模範解答を返してくるから、
本心を確かめたのとは、寧ろ逆の行為。

歯ブラシを置いていったり、「今度○○しよう」って言葉を何回か発したり、トイレットペーパーはダブルを買えと口出ししてみたり、...っていうのは、
これからも会う気があるってこと・・・?
でも、もう、“返す忘れ物”っていう、口実は、無い。

片道1時間以上の距離に住んでて、平日は毎日サービス残業の人。
お互い試験に追われて土日もほんとは遊ぶべきじゃない。

どうしたものか。

25

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

黄色信号
電話かけてもらって(掛け直してもらって)ばっかりなのが申し訳なかったし、

昨夜話したかったのに、かけても繋がらなくて、「またかけます」って言い残してあったから、

今日は、こっちからかけてみた。

たら、「ごはん食べてるから後でね」と言われる。

で、しばらくしてまたかけなおしたら、今度はテンポが崩れて、かけた時の勢いも削がれて、

うまく話せなくなってしまった。



気まずめの、ダラダラとした26分間。



こっちは病院マルチ通い。向こうは金欠。そして共通なのは試験勉強地獄。

話題がネガティブ揃い。

お金無くて、時間も無いと来たら、

それを押してまで、私と電話で話したいなんて、増してやわざわざ遠出して会いたいなんて、

思うはずないでしょうね。



冷たさと距離を感じただけ。

電話なんかしなきゃ良かった。



もう黄色信号。



理想の王子様じゃないことぐらい判ってたことだけど。

それでも、楽しいと思ったのに。

26

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

気絶(する程か弱くないけどw)
今日は全然違う話。



今日、とんでもない体験をしてきました。

それというのは、痛みで倒れそうになったこと。



何の痛みかと言うと、マンモグラフィーという検査のせい。

やることはX線検査だし、と思って少し甘く見てたんだけど、

想像をゆうに超える激痛・・・。



4枚目のレントゲン撮影中には

視界がどんどん狭くなって、しかもぐるんぐるん回って、吐き気がして、手足の関節に力が入らなくて震える、という状態。



直後に技師さんが飛んできて、「お顔色が悪いですねー!お水持ってきます!」とか、

すっかり病人気分で、椅子にへたり込む。



とは言っても、別に病気に起因するようなものではなくて、

とにかく痛みで脳貧血を起こしてるだけ、ということで、

数分で回復したんだけど。



私は最近病院で勧められての受診だったんだけど、

一般的にもオトナ(20代後半ぐらいから?)の女性が2年に1回は受けるべき、とか言われてる

マンモグラフィーですが・・・、

もう1回受けろと言われても、正直ヤダ!



でも、最初の4枚の所見結果によっては、さらに圧力かけてより精密な(=より痛い)撮影が必要になるかもしれません、と予告されてたけど、

結局私は追加の必要はありませんので~、と言われて帰されたので、

たぶん、最終的な診断結果も深刻なものではないでしょう。

ま、最初から「一応念のため」って言われてたんだし。



自分で心配は全然してないけど、ちょこっと心配されたくてね・・・。

あー、やだやだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。