1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
15
16
18
19
21
22
23
25
26
27
28
  06 ,2008

March 2013: やっとアメリカ生活第一歩を踏み出した! <<< April 2011: 9年の東京生活に別れを告げナゴヤに一時撤収


About me

e6102032

Author:e6102032
1983年生まれ かに座 B型

現在地:Los Angeles, California (since March 2013)

経歴:金融・技術翻訳者ときどきDTPオペレーター、誤字ハンター、嫌々役員アシスタント etc...
 
特徴:自他ともに認める器用貧乏、浪費家エセレブ、世に言う肉食女子、左脳インプット右脳アウトプットですがなにか?

+++++++++++++

名古屋の私立中高一貫女子校から東京の国立大に進み英語を専攻。ってとこまでは良かったけど、その後自分の進路はさっぱり見つからず、降って来るのは、リーマンショックやら震災やら、そんなんばっか。金融機関勤務満5年を目前に控えた2011年3月に2社目をimpulsive退職。

USCPA、海外大学院留学、ワーホリ/Jビザ就職、等々・・・ なんだか進むべき道はある様でない様で・・・ 
愛知県A郡の実家を起点に、転落人生を救う、迷走の軌跡。的な?

+++++++++++++

更新:

2013年4月〜
UCLA Extensionにフルタイム留学。(General Business Studies Certificate with Accounting Concentrationプログラム)

2014年7月〜
UCLA Extensionを修了したことで得たOPTにて、会計監査事務所で就業開始。Extensionで授業も取りつつ二足の草鞋。
大学院は未だ学費工面の目処立たず先送り中。
 
+++++++++++++

Archives
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
Twitter
QR code
QR
Time is money!!
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

the guy who keeps my heart busy
いろいろあって、

あっというまに、

Julianがすきだ。



こまった。

メールの返りがめっきり悪い。

なんだよ、この展開。

毎度お馴染み過ぎる!!

私が好きな人は私のこと好きじゃなくなるんだよ、必ず。んもーーー。



色々とその気にさせるようなこと言われたと思うんですが…。ついこの前の日曜日にもね。

おかしいなぁ…。

最初とは、明らかに向こうのテンション変わったんだよなぁ。

それでも日曜日は超楽しかったし、また持ち直したかな、気のせいだったのかな、って気を取り直したところだったのに。



今週ボーナスだから、ボーナス出たら私のおごりでdinnerね、って言ったじゃん。

プール開きしたら泳ぎに行こう、って言ったじゃん。

じゃあまた明日“school”(=会社)でね、って言ったじゃん。



金曜日、偶然寄ったTULLY'SでJulianが打ち合わせしてて、想定外の遭遇で笑顔交わした瞬間、お互い、仕事モードから何某かの別のモードにswitchしたのが分かって、この人で良いんだ、って初めて確信した。

いつの間にかとっくに、一緒に居て腕とかに触れてもぎこちなくなくなってた。

年の差とか会社の人の目とか、関係ないや、って本当に思えた。

のに!!!



んー、何かの擦れ違い、だということにしておこう…。

スポンサーサイト

14

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ろくがつ
ベリーのショー&Grand Hyattディナーから一夜明けて、月曜日に会社メールに「ありがとう昨夜は本当に楽しかった」ってメールしたけど返事無し。



火曜日は携帯にメールしたけど、やはり返答無し。



苛立ち切ってた水曜日の夕方、携帯に「今週おかしいぐらい忙しくて。」って返事が来て、木曜日はTully'sでランデブゥして「it was short but sweet, the meeting was.」と言ってくれて、あ~本当に忙しいのね、忙しいだけで気持ちが離れたわけじゃない、まだ大丈夫だー、って思ったんだけど、



金曜日も「後で下で会おうか」って言ってくれたんだけど待てども待てどもお声が掛からず痺れを切らして独りでTully's行ってしまい会えず。

でも、「席外しててごめんね maybe talk to you over the weekend?」って言ってくれたから、あ…デートか?と期待しまくりつつ、上機嫌ながら、「それにしては何曜日のことかすら聞かされてないけど、どゆこと?」という困惑混じりの週末突入。



土曜日起きて「what are you up to this afternoon? i was wondering how to "talk to you over the weekend"???」と自ら口火を切る。日曜日は約束会ったからどうせなら土曜日会いたくてその方向に誘導するつもりだった。

しかーし、これまた返事無し!!!!!!!!!

なんで?????

言いだしっぺは向こうなのにーーー。

Julianがそんなこと良い言い出さなければこっちは馬鹿な期待なんてしなかったのに!!!!!

17

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

10-minute date
今日もTully'sで束の間デイト

お外で日光浴びながら堂々とサボってお茶して、同僚達に見られるかもというスリルと背中合わせのふたりっきり感、嫌いじゃないんだが、

ランチにも誘って欲しいな…

忙しい仕事にうんざりしてる時に、会うと気分転換になるよ、って言ってくれるのは、きっと良いこと、だよね?

他の事に支障来たすほどは私のこと考えてくれてないだろうけど、私といる瞬間を心地よく思ってくれてる、んだよね?

sexualな部分以外にも魅力見出してくれてるってこと?

いつか、出来れば近いうちに、一緒にいないとだめだ、って思ってくれたりする?

20

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Cigarとかやってみたりして
そう、行って見たの、Henryのcigar appreciationのイベントに。

Julianが行くことは承知の上で。正直彼に会いたかっただけのような気もする。

ま、他の男性との出会いの場、という名目もあり。イケメンはいなかったけど面白い人達はいた。

もともと葉巻自体に興味は無く、昨日もひたすら正しく吸う方法の試行錯誤に注力しており、別にbuzzな感じになろうとか、そういう気持ちも無く(狙ったところで不発に終わる 体質的にも)。ま、カッコつけですな。流行ってるし。



そういう強い動機が(Julian以外に)無いとほんとは望ましく無いよなぁ。

彼女でも無いのに元からの共通の趣味じゃない領域に踏み込むのはストーキングと紙一重なので結構riskyである。でもそうは分かっててもどうしても接点が欲しくなってしまったりもする。(=片想いデススパイラルw)



Julianは私も参加することを前日に知って、歓迎!みたいなこと言ってたけど、多少のawkwardnessは不可避だった。どういう距離感で行くのか。

「近づかないようにするから、オトコ漁りに勤しめば?」とか言ってきたりとか。

Andreみたい。w これって、flirtingする男の常套手段なのね。(というか、他のオトコに興味を示されて面白くないと思うのは本心だけど、それ以上は面倒くさいから勘弁、っていうのが実際のところね。別にだからって許されるって意味じゃないけど。)



でも、結局、往きのタクシーから隣同士(小~中型車の後部座席に大きめガイジン♂2人+私 必然的に超密着)で、クロークの札(番号がいわく付きの「69」)預かってもらったり、肌寒くてジャケット借りたり、(べったりにならないように超意識的に)ちょこちょこ席移動してはJulianの隣か向かいに戻ってきたり、で、2軒目もノコノコくっついて行ったので、ずっと一緒にいた。はは。



でも、前からcigarのmonthly partyでJulianと知り合いだった他部署のTさんやら、

社外だけどpartyのメンバーだった女性“とか”に、

彼がちょっかいを出して、女性が真剣になると途端に冷酷に態度を翻して関係終了、という前科が数件あるらしいこと、



&、

バツイチ、子アリ、

という事実が発覚。



それを教えてくれたのは、その社員の女性で、前から友達だった人なんだけど、イギリス帰りだしcigarつながりだし年齢的にも彼に興味が無いはずがないとは思ってた。

その疑惑がずばり。

彼女は面倒なことになる前に手を引いたらしいけど。

なーんだ、やっぱり私もその一人でしかなかったのか。



2軒目に一緒に来たオーストラリア人女性とは、trail walkとか日本人国民性とかについてずっと議論してて、彼女はどう見ても彼に興味がありそうなのも分かったし、それ以上にlanguage barreerだけじゃない力不足で私は入り込む隙も無く、

あーぁ私は若さ以外で全くこの人に勝てない、

というか世の中の大半のキャリアと教養のある女性に私は勝てない、

と思い知らされ。

つくづく、彼の私への興味なんて、若さと見た目(?)とsex appealが故、なんだよなー。

とがっかりするやら、悲しいやら。

帰ったら携帯にメールくれてたのが、ちょっと嬉しかったけど、あんだけ飲んだ後の彼の行動に一喜一憂するのは、やめよう、と肝に銘じた。

20

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

"He is a jerk!!"
あぁ、全方向から聞こえてくる、悪評に次ぐ悪評。

んー、もう少し早く言ってくれ給え、そういうことは。

私はすっかり彼に入れ込んでしまったというのに。



どうせ私も彼の気まぐれの餌食なの?皆が言うみたいに?

私のことは特別だと思ってくれてはないの?



ちっちゃくて健気で不器用で自分と似てるところもあって見た目も悪くないしバカじゃない。年の割りに妙な落ち着いてるかと思えば時折見せる幼さも持ってて、15も違うのに一緒に居て無理が無くて、顔見ると気分が高揚したり穏やかになったり。つい顔が見たくて、声が聞きたくて、呼び出さずにいられない。気付くと顔を思い浮かべてる。不思議と安らぐ。傷つけたくない。守ってやりたい。



このうちの一つでも思っててはwくれないだろうか。



社内でも、相当な年上でも、遊び人風でも、隠れゲーマーでも、自慢屋傾向があっても、離婚歴があっても、

それであの人を拒むことはしない、よ?

誰かエラい私にご褒美くれないの??

24

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

不意打ち
ぬおおおお、

Andreからメールだ!!!

なんてこった。



Londonに帰っちゃってからAndreからメールが来ない、って嘆いてた頃、

「来る訳無いじゃん」「今まで彼が連絡してきたのは毎回、ヤリたいか猥談したい時だけだったでしょ」って諭されて、

そうだよなぁ、って納得しようと自分に言い聞かせてたのに。



「最近メッセンジャーにオンしてないじゃん、時差あるから仕方ないけど。」

それはこっちの台詞だよ。

Andreのいないメッセにオンしたって意味無いの。



Julianの顔見てやっぱり自然と笑顔になっちゃうのは、かなり好きになってしまっている証。

にも関わらず、Andreの顔が見たくて声が聞きたくて体温を感じたくて仕方が無いモードにスイッチが一瞬で入ってしまった。それも3週間で唯一の、たった数行の文字列で。

苦しすぎるから、このまま返信はしないで欲しい。そしたらきっといつか忘れる。



振り返っても、拾い上げるべき楽しかった思い出の一つも無い。

泣いて、悩んで痩せて、気を紛らすために色んな人に会っては結局Andreのことばっか想って、諦めるように言い聞かせることだけに馴れて、時折垣間見える彼の微かな“関心”を“愛情”とそれこそ針小棒大に超『拡大』解釈しては大袈裟に自分を幸せ者だと思い込ませていた、不幸過ぎる8ヶ月。

振り返っても悲しいだけ。だから振り返らない。

いくらそう叫んでも、Andreへの恋しさだけは消えない。

思い出すらもくれようとしなかったAndreの言動から、彼の意に反して私の意識が無理繰り作り出した思い出の断片は、こんなにもまだ愛おしい。



JulianがAndreよりも強く長くたくさん抱きしめてくれたら、ずっと近くでいっぱい優しく笑ってくれたら、歩き出せる気がしたのに。

24

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

えー、これ誕生日プレゼント? 
Andreに長々とすごい勢いでメール返して、書いてみたらどうも急に考えてしまって、昨日は2時間ぐらい泣きじゃくって、泣き疲れて眠った。



そんなにAndre一色に一瞬でなったのに、今日遅めのお昼に出たら、見附の交差点で向こうから歩いてくるJulianの姿にすごく嬉しくなって、彼がちゃんと嬉しそうに笑いかけてくれたことに大きな幸福を感じた。るんるん、って言葉がぴったりなぐらい。



あぁ、そんなところへ、Adrienから「日本に帰ってきた 来週でもSALSAしない?」ってメールが!!



誰となら幸せになれるのーーーーー?????

いっぺんにたくさんなんて要らない…

29

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

お誕生日間近
Julianとかなり疎遠。

忙しかったり、体調悪くて会社休んだり、そのせいで余計余裕無かったり、と色々考えられるけど、最初の頃のことを思い返せば、現状との差は否めない。気持ちの差だと思わざるを得ない。

追いかけちゃ意味ないし、最初からそんな気じゃなかったにせよ冷めたにせよ、それならそれで受け容れるしかない。そろそろその辺を見極めたい。今ならAdrienという望みもあるし、Julianとはit didn't work outっていう結論でも壊滅的打撃は蒙らずにすむ。

万が一、Adrienが私に気持ちがあった上でのcoming back in touchだったとすれば、Julianともっと深い関係になった上での同時進行とかしちゃったら、またAdrienを傷つけてしまう。もう2度と許されないし、Andreにも見放される。

とは言え、Adrienからその後返信がない。彼の興味は純粋にsalsaへのものだったケースも想定しておかなければ、思惑外れて肩を落とす羽目にも…。そうでなくても、こんなに色々と起こってしまった後で、数ヶ月間隔空いてて、最初に会った時の感覚が甦るには至らず結局「やっぱ勘違い/買い被りだった」ってなる可能性だってあるし。



Andreとのことが色々と厄介だから、Julianと仲良くなる方が楽なんだけどなぁ。

Adrienの方が人として「正解」だって皆言うけど、多分そうだと私も思うけど、Julianに見切り付けるに足る程彼が何か私にした訳ではないし、Andreからadviceを受けてるAdrienとスムーズに進展するとも思いにくい…。

30

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

double damn!!
まず朝に1発。

Adrienからメールあった!!

やっとかよ、と思うも束の間、

"a few friends insisted on joining, is that ok with you?"

と!!!!!!!!!



良い訳ないだろう!!!!!!!



デートじゃないじゃーーーーん!!!!!!!



ナメとんのかー、と言う思いをにじませつつ、

「ええええええ ともだちぃ…!?」と言った後、

「kidding. sure! no prob.」とか必死で気にしてない振り。



結構な勢いでがっかりだ。本当にがっかりだ。サルサのレッスンは二人でらしいけど。

なぜかAdrienの友達にはやたら会ってるな…

んー、この件は保留。





で、更なるモンダイは、Julian。

私に手は出したいけど、同僚だから出せなくてfrustrated、だとさ。

はぁあああ?

付き合いたい、じゃなくて、抱きたい。それだけ。



食事したりするのはお金かかってもまぁその後のお楽しみも含めて、その瞬間楽しいからそれで良い、けど、その瞬間を楽しむこと以外の面倒は一切お断り。

見た目も性格もカラダの相性も全てを満たす人がいないから、良いとこ取りでserial datingしてる。とは言っても、別にone night standしてる訳じゃなくて、ある程度の期間、週に1、2回は会う。

誰でもいつか変わるから、自分の理想のバーが下がるか、数いるcurrently non-exclusive womenのうちの誰かが化けけるかして、自分の基準をクリアして、めでたくその人と愛し合うことにもなるかもしれない、という希望が無い訳じゃない。

ただ、まだ自分が愛せる人に出会えてない、から、それまでは後腐れなく快楽を求める。

だとさ。



会社のメッセンジャーで、よくもまぁ、そんなこと話すわ。

勝手にしやがれ、この野郎ー。

そんな汚いsex、心の底からお断りだぜ。一昨日来やがれ。

私がone of themになりたいとでも??? 何様…???

sexで憂さを処理するほど進化も堕落もしてない。私は。

一緒にしてくれるな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。